家づくりでもう迷わない!工務店の選び方で押さえておきたいポイントのまとめ!

このサイトでは工務店の選び方について紹介していきます。
家を建てる際は信頼できる業者に依頼することが重要です。
技術力や提案力、アフターサポートなど重視するべきことが多々ありますが、コミュニケーションが取りやすいところがおすすめです。
コミュニケーションが十分に取れていないと、意思疎通ができていないことで問題が発生してしまう可能性があります。
費用の安さだけで決めてしまうのは絶対に避けるべきです。
安さだけで決めると後悔することになります。

家づくりでもう迷わない!工務店の選び方で押さえておきたいポイントのまとめ!

家を建てる際に工務店を利用する方が多いと思われます。
地域密着で親身になって対応してくれますし、ハウスメーカーより安く抑えられることも魅力です。
しかし、工務店も様々なところがあるので、よく調べた上で決めることが大事になります。
技術力やアフターサポートなどに加えて、コミュニーションをしっかり取ってくれるポイントも重要です。
優れた工務店はコミュニケーションを十分に取っている共通点があるため、必ず確認してください。

注文住宅から建売住宅まであらゆる家づくりに対応する工務店とは?

工務店とは、その地域で長く愛されて何世代にもわたって利用されてきた家づくりのプロフェッショナルです。
建売住宅も手掛けますが、注文住宅も得意としていて、長年営業を行っているためにノウハウも蓄積されています。
要望にしっかりと応えなければならないという意識も強いので、満足のいく家づくりができるとも言われています。
そういった意味でも、工務店とは幅広く良質な家づくりをしているところであり、細かな要望もくみ取ってすぐに対応してくれるのがメリットです。
地域密着型という点は、対応のスピーディーさという面によく表れています。
何か伝えたいことがあればすぐに連絡を取れますし、対応してほしいことがあれば迅速に対応してくれるのが良いところです。
そのような営業の仕方で長くやってきていますので、地元に人たちから幅広く支持されており、安心感もあります。
全国展開の大手も良いのですが、やはり昔から住んでいる地域では工務店が人気です。

家づくりは工務店とハウスメーカーのどちらに任せるのが良いか?

工務店とハウスメーカ-は、それぞれ業務形態が異なっていますので目的に応じたサービスを利用できるように選択をすることが重要です。
工務店は、個別具体的にクライアントとの話し合いを行っていくことができるのが強みです。
素材はもちろん、工法や設計、そして間取りに関するところまで非常に具体的で細かい部分まで教えてくれますので時間をかけて入念に家づくりに専念できます。
地域に強い特徴もありますので、特定の土地で建設をしてもらいたいと考えている場合にはうってつけです。
ハウスメーカ-は、それよりも大衆向けにサービスを提供していることが一般的です。
実際に、注文住宅などではフルオーダーではなくセミオーダーであることも多く、一定のデザインや建設の方向性が決められているため、初心者でもわかりやすいメリットがあります。
一律に全国の支店でサービスを相談できるのが魅力なので、これらの違いを理解して自分の目的を達成できる法を選択すると良いです。

予算が少ないなら坪単価が安い工務店

マイホームを建てるとき、どの会社に依頼をするかがまず最初の悩みではないでしょうか。
建築の依頼先は、ハウスメーカーや建築設計事務所が注目されがちですが、平均坪単価が最も安いのは工務店と言われています。
工務店とは営業エリア内で地元に密着した活動を行っている建設会社のことで、地域密着型だけに何か困ったことがあれば素早く対応して、建築主の好みや条件に合わせた設計施工をしてくれる魅力があります。
また坪単価とは、家を建てる際に一坪あたりにどれくらいの費用がかかったかを示す数値で、本体工事費÷延床面積で算出されます。
この単価は家を建てるときにチェックをする最も重要なポイントで、予算が少ない場合この坪の単価の安い工務店を選ぶことが賢い選択法と言えます。
例えば家の本体価格が2000万円で延べ床面積が40坪の場合、坪の単価は50万円です。
この単価を目安にすることを常に意識しながら購入を検討しましょう。
しかしここで注意しなければいけないのが面積です。
同じ面積でも、延床面積の単価と施工面積の単価は違う為、予算が狂ってしまうのです。
施工面積とは、屋根裏の収納や地下室や車庫や玄関ポーチなども坪に含まれますので、そこから割り出すと金額が高くなります。
したがって工務店では、本体価格の内容と坪の単価の割り出し方を必ず相談してから決めていきましょう。

家づくりのパートナーに選びたいのは一貫施工の工務店

家づくりのパートナーとして、一貫施工の工務店を選んでみましょう。
一貫施工の工務店では、設計から工事まで同じ工務店が担当してくれます。
そのため、余計な費用が掛かることがありません。
下請けに回すことがないため費用を節約しながら依頼することができます。
できるだけ安い値段で工事をお願いしたい方にとって最適になるでしょう。
また、設計から工事までお願いできるということは、希望することが伝わりやすい特徴も存在しています。
同じ会社のスタッフが工事を行うので、当初伝えていた希望や要望などが現場に伝わりやすいです。
希望する家を建てるためには、なくてはならない部分です。
このように、満足することができる家を建てるためには、一貫で工事を行ってもらうことができる点が重要になってきますが、一貫であれば優秀な職人が工事を担当してくれるので安心です。
技術や知識を持っている職人が直接工事に携わってもらえるので安心することができます。

知名度が低くても安心できる年間施工数が多い工務店

知名度が低くても、年間施工数が多ければ、安心してその工務店に依頼することができます。
たとえ知名度が低かったとしても、一年を通して施工する数が多いと、様々な状況に対応することが可能です。
いろいろな案件をこなしていることで、希望にも柔軟に対応してもらうことができるでしょう。
また、年間施工数が多ければ、それだけ技術や経験を持っていることを表します。
十分な技術を持っている工務店であれば、依頼した時に希望通りの家を建ててもらえるようになり満足度も高いです。
家に対して高度な要求があるという方も、安心して任せることができるでしょう。
十分な経験がある工務店の場合、後からトラブルが起こってしまう心配がありません。
一度トラブルが起こってしまうと、お互いに嫌な思いをすることになってしまいますが、そのようなことがないので気分よく利用することができます。
工務店を利用して家を建てたいと考えた時には、その経験をチェックしてみましょう。

小回りの利く工務店だからできるスピーディーな対応力

家の新築やリフォームを考えている方の中には、これから工務店に相談や依頼を予定するケースがあるかもしれません。
街中でよく見ることのできる工務店の多くは、代々にわたって狭い営業エリアで、小規模に経営を続けている傾向があります。
このため地域に根づいた、きめ細かくスピーディーにサービスを提供できる点に、大きな強みがあると言えます。
例えば店舗の営業エリアに建築現場があることで、密接な現場監督が可能になりますし、工事中に万が一トラブルが発生しても、迅速な対応も期待できます。
また家が完成した後も、アフターサービスの頻度や密度を高めることができる上、水まわりや外構といった部分などの緊急時トラブルにも、速やかに駆けつけて、的確なメンテナンスが可能になります。
もし家の設計から完成後まで、建築業者に小回り効くスピーディーな対応力を求めるなら、工務店が理想と言えるでしょう。
ちなみに建築予定地から1時間圏内に所在する工務店を選ぶと、何かと安心です。

制約が少なく施主の要望を叶える家を建てられる工務店

家を建てることが決まったら家の建築をお願いするハウスメーカーや工務店を探さなければなりません。
ハウスメーカーはテレビCMや広告などで聞いたことのあるような大手の企業です。
ブランド力や知名度があるため、信頼できるといった理由から選ばれています。
全国的に一定の品質での家づくりが求められるため、材料が決まっていたりあらかじめプランが用意されていることも。
工務店はハウスメーカーとは対照的な、地元密着型の中小企業です。
特に制約が設けられているわけではないため、設計の自由度が高いと言われています。
家族に合わせた間取りや使用したい設備など要望が取り入れやすいと言えます。
依頼先を決める際は、家づくりに何を求めているのか明確にすることで自分に向いている建築会社を選ぶことができます。
せっかく一から建てるマイホームだからこそ、細部までこだわりたい、自分らしいライフスタイルを反映させたいなどこだわりのある方は工務店が向いているでしょう。

都会の狭小住宅ならハウスメーカーよりも工務店

都会で住宅を建てると価格も高くなりやすいですが、そもそも住宅を建てるには土地を用意しないといけません。
都会で広い土地を用意するのは大変なので、狭い土地しか確保できないケースも珍しくないです。
狭い土地に住宅を建てたい場合は狭小住宅に自然となってしまいますが、そのようなコンパクトな住宅を建ててもらう場合はハウスメーカーより工務店を利用したほうが安心できます。
工務店では地元に密着したサービスを提供している所が多いので、大きな土地を確保するのが難しい特徴がある都会であれば狭小住宅を建て慣れている業者も少なくない筈です。
そのためコンパクトな住宅を建てたい場合は、地域に根付いている工務店に一度は相談をしておく価値があります。
実績も豊富で信頼できる工務店であれば、通常であれば難易度が高いような住宅でも安全に建築することができますから、家族で安心して快適に暮らすことができる住宅を買うことができる可能性が高いです。

限られた範囲の地域に密着し営業する工務店

建築会社や建設会社や設備会社やインテリアショップや家具屋やホームセンターや畳屋など、住宅のリフォーム工事を行う業者は各地にたくさんありますが、最もポピュラーでリフォーム工事のイメージが強いのが工務店ではないでしょうか。
工務店にも色々なタイプがあり、全国展開している大規模業者もあれば、限られたエリアで営業する地域密着型の業者もあります。
大規模業者も各地に営業所や出張所や支社があるので相談しやすいですが、地元に根付いた業者の方が親しみやすさがあり融通が利いて、痒い所に手が届く手厚いサポートが受けられたりします。
まずは対応エリアをチェックして何社かに絞り込み、それらをじっくり比較して決めましょう。
相見積もりも選ぶ際に役立ちます。見積書を見るときは合計金額だけではなく、内訳が丁寧に細かく記されているかどうか、合計金額に対して諸経費の割合が大き過ぎないか、表記ミスの有無など総合的に見て判断すべきです。

工務店に関する情報サイト
工務店を探そう

このサイトでは工務店の選び方について紹介していきます。家を建てる際は信頼できる業者に依頼することが重要です。技術力や提案力、アフターサポートなど重視するべきことが多々ありますが、コミュニケーションが取りやすいところがおすすめです。コミュニケーションが十分に取れていないと、意思疎通ができていないことで問題が発生してしまう可能性があります。費用の安さだけで決めてしまうのは絶対に避けるべきです。安さだけで決めると後悔することになります。

Search